本当は「深い」映画「ちょんまげぷりん」

「ちょんまげ」と「プリン」だけの話ではありませんから!

ストーリーについて

映画「ちょんまげぷりん」ストーリー

子育てと仕事の両立に悩むシングルマザー・遊佐ひろ子(ともさかりえ)と一人息子・友也(鈴木福)の前に一人の男が現れる。その男の名は木島安兵衛(錦戸亮)。180年前の江戸時代からやってきた本物の侍だった。お地蔵さまにお祈りをしていたらタイムスリップしてしまい戻り方も分からず途方に暮れる安兵衛をいとこだということにして奇妙な同居生活が始まる。東京と江戸の違いに戸惑う安兵衛だったが、女性が働いていることに驚かされる。女性は「奥向きの仕事」するものだという安兵衛に、ひろ子は「江戸と東京は違う。前の旦那は家のことを全くしなかったからわかれた」とばっさり。そこで安兵衛は居候の恩返しに、友也の世話と家事全般を引き受けることに。丁寧かつ一生懸命に家事をこなし、完璧にできるようになっていく安兵衛。家事から解放され、安兵衛の姿に影響をうけたひろ子は仕事に打ち込み、今までが嘘のように順調にまわりはじめる。ハンバーガー店で友人と大騒ぎする友也を叱りつけ礼儀や男らしさを教えたり、熱を出した友也を心を込めて看病し、友也もすっかり安兵衛になついていた。

さらに安兵衛も、看病しているときにはじめてプリンを作ったことで、洋菓子作りに目覚める。友也の友達親子が遊びに来た時にプロ顔負けのケーキをふるまい、それを見たひろ子の母友・千石佳恵(佐藤仁美)がかってにおとうさんのケーキコンテストに申し込んでしまい、多数の応募者の中から予選を通過してしまう。決勝では友也の失敗を逆手にとった見事なパフォーマンスを見せ優勝し、そのときの審査員・殿間知治(井上順)から腕を見込まれてスカウトされる。殿間の店で働き始めた安兵衛だが、仕事に打ち込むあまりに家事や友也の相手ができなくなる。友也が寂しくならないように、ひろ子は安兵衛に携帯をプレゼントしるがいつも留守電。ある日、いつものように深夜に帰宅した安兵衛に、ひろ子はたまっていた思いをぶつけるが、安兵衛は、「来月には主任に出世するでござる。だから二人を養えるでござる。これからはひろ子殿が仕事やめて、友也殿と一緒にいてあげればいいナリ」と、提案する。しかし、ひろ子は前の旦那とのトラウマが刺激されたのか、ショックを受け「あんたなんかいらない!出てけ」と、追い出します。安兵衛が出ていってからも友也は、安兵衛に会いたくて仕方がなく、保育園を抜け出してしまいます。友也がいなくなったとの知らせうけ、ひろ子と安兵衛と田中くん(今野浩喜)は、仕事を放り出して一緒に捜します。友也は安兵衛の職場のトラックの荷台にいました。安兵衛は走行するトラックを追いかけ、無理やり停車させて友也を保護するも、通りかかった車の男たちに因縁をつけられてしまいます。刀を使わないと、ひろ子と友也と約束を交わした安兵衛は、一方的に殴られます。そこで、駆け付けた殿間からケーキナイフを借りて、チンピラたちをなぎ倒す。3人+田中くんで帰宅中に、安兵衛は貧乏旗本で小普請組に編入されていたが仕事はなかった。仕事を紹介してもらいに向かっている途中でお地蔵さまにお祈りしていたら、この時代に来ていた。この時代に来て御役目を果たすことができたとひろ子に告げる、安兵衛。するとスーパーの屋上のお地蔵さまが光り出して、安兵衛の足元から泉が湧き出し、安兵衛はどんどん沈んでいきます。安兵衛がもとの時代に戻ってしまうと、ひろ子は必死で引っ張り上げようとするもとめられず、「行かないでー」とキス。プリンをつくってもらう約束をしていた友也も「プリンはどうするんだよー!!」とさけぶも、安兵衛は完全に沈んでしまいます。

春になり、友也は無事に卒園式をむかえる。夢は「大きくなったら、侍になります!!!」卒園式の帰り、以前に安兵衛が故郷だと言っていた地を訪れると、そこで和菓子屋を見つける。そこにはプリンが売ってあり、店内には創業者木島安兵衛の肖像画が飾ってありました。着物の襟からはひろ子がプレゼントした携帯のストラップが。そこには「神隠しに遭い、元の時代に帰ってきた彼は、現代で得た知識と技術を活かして、プリンを生み出し、菓子職人のカリスマとなったそうな」と安兵衛の伝説が書かれていました。「安兵衛さん、約束守ってくれたね」二人でプリンをおいしくたべましたとさ。

サムライスーツ?! 頼むならやっぱり新しいホームページ制作会社!ホームページ作成 名古屋成功法をたっぷりお教えします!

解説

『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督がメガホンを取り、人気パティシエになる侍のてん末を描くハートフル・コメディー。180年前の江戸から現代にタイムスリップする侍を演じるのは、アイドル・グループ、NEWSの錦戸亮。侍が居候する家庭のシングルマザーにともさかりえがふんするほか、お笑いコンビ、キングオブコメディの今野浩喜や井上順などバラエティーに富んだ役者たちが顔をそろえる。江戸時代の侍がもたらすさまざまな振る舞いが深い感銘を呼ぶ。

ストーリーについてのインタビュー ともさかりえ

お侍さんの格好をした錦戸亮に妙な威圧感あり!?

Q:ユニークなタイトルとストーリーの作品ですが、最初にどんな感想を持ちましたか?

最初に聞いたのは、「錦戸(亮)さんが主演で、『ちょんまげぷりん』というタイトルで、お侍さんが江戸時代からタイムスリップしてくる映画です」ということ。「何だ、そりゃ?」というのが本当に最初の正直な気持ちでしたね(笑)。でも、台本を読ませていただいて、わたしの役柄に関して言えば、すごく選択肢のある役で、いろんな演じようがあるなと思えたんです。役の方向性をどう定めるのが一番正しいのか、監督の考えを探りながら、自分なりにイメージアップする作業にやりがいを感じました。

Q:目の前に現れた安兵衛に対するひろ子のリアクションが面白いです。どんな演技プランだったのでしょう?

あざとくやろうと思えばできるような面白さが詰まったストーリー展開ですから、どの程度やればいいのかという迷いは自分の中にありました。でも、ひろ子が初めて安兵衛さんに会うシーンだったり、自宅の部屋で対峙(たいじ)するシーンだったり、そもそも基本的にあり得ない設定だし、一つ一つの状況もとにかくあり得ない。なので、その瞬間に感じた違和感を素直に表現すればいいのかなという考えに行き着きましたね。普段以上に役づくりらしいものは何もしていないかもしれません(笑)。

Q:錦戸さん演じる安兵衛がリアクションを引き出してくれたと?

普段の錦戸さんは年相応で物腰も柔らかく、素朴な方というイメージなんですが、お侍さんの格好をした錦戸さんには妙な威圧感があるんですよ。「何? この人!」って(笑)。「ノー」とは言えない眼力があるし、「こっちを見ないでください」という気持ちになる。だから、ひろ子は冷静に考える回路が安兵衛さんと目が合った瞬間に停止し、自宅に入れてあげたりもしたんだと思います。

シングルマザーであるひろ子の問題がひとごととは思えない

Q:錦戸さんと共演された感想は?

今回初めてご一緒させていただいたんですが、本当に不思議な方だなという印象です。現場に入ってくるときもカメラの前に立っているときもすごくフラットで、境界線がよくわからないんですよ。そして、そのままの状態で撮影を終えて、来たときと同じように帰られていくという(笑)。わたし自身はどちらかと言うと自分を奮い立たせ過ぎてつまずくタイプなので、錦戸さんのフラットさをうらやましく思いました。わたしも錦戸さんみたいになりたいです。気負っている感じがなく、安兵衛という役に自然と入っていかれるんですよね。

Q:その安兵衛が居候となり、家事を引き受ける前のひろ子は子育てと仕事の両立に悪戦苦闘していますね。

わたしも5歳の息子がいるシングルマザーですので、人ごとに思えない感覚も何となくありましたね。女一人で子どもを育てながら仕事もしたいという、ある意味欲張りなところがひろ子にもわたしにもある。もちろん、自分で決めたことなので欲張りだとは思っていませんが、簡単ではないこと。背負っているという言い方は重くて嫌ですけど、大前提としての大変さはあります。子どもや仕事、さらには人生や生活に対してひろ子が抱える気持ちはわからなくもないですし、家事をしてくれる安兵衛さんは頼れる存在だったと思いますね。

Q:けれど、安兵衛がパティシエとして働き始める中盤以降、二人の間に現実的な問題が立ちはだかります。

そうなんですよね。ひろ子自身は前のだんなさんとの結婚生活に失敗しているわけですから、失敗を繰り返さないようにしつつ、そうできないふがいなさに落ち込んだりもする。ただ、一つ言えるのは、安兵衛さんもひろ子も似た者同士なのに意地っ張りだということですよね。「何で、もっと素直にならないかなあ」と。まさに男と女だと思いました(笑)。エネルギーを注げるものに打ち込む男性をサポートしたい女心がある一方、「わたしだって大変なんだけど!」と爆発したくなる気持ちもひろ子にはある。どちらの感情も理解できるものでしたね。

どのシーンを撮っていても泣けてきてしまった撮影後半

Q:特異な物語の中、やはり核となるのはリアルな感情の揺れ動きなのですね。

実は台本を読んでイメージしていたときと、実際に撮影を積み重ねてきた中で感じた感覚は全然違うものだったんです。こんなにも人の気持ちの揺れ動きが詰まった映画なんだなって。撮影しながら気付かされるものもたくさんあって、監督やスタッフさんたちとも「こんなにいい話だったんだね」と話していました(笑)。撮影の後半なんて、どのシーンを撮っていても泣けてきてしまって。お芝居でコントロールできず、気付けば泣いちゃうような状態でした。そんなことは今までなかったので、自分でもびっくりしましたね。

Q:ひろ子の気持ちにリンクしたり、登場人物の感情に触れて涙が出てきたのですか?

そうなんですかね……。自分でも原因がよくわからないんです。作品の力もあるでしょうし、役者が何の雑念もなくカメラの前に立てる空間を作ってくれた監督のおかげでもあるのかなと思います。

Q:中村監督からは現場でどんな指示が?

基本的には「とにかく気持ちでやってね」ということだけでした。あとは、カットをかける瞬間の表情やちょっとした間で、どう思われているのかがわかりましたね。「ああ、今のわたしの演技は違ったな」とか。どの現場でもそうなんですが、わたしは監督の観察ばかりしているんです。監督に何を望まれて、それに応えるにはどうすればいいのかを常に考えているので。今回の現場では、おこがましい言い方ですが、中村監督がひろ子に望むものを共有できている実感はあった気がします。

男性に必要なのは、男気!

Q:ところで、ともさかさん自身は安兵衛のように家事全般をこなせる男性をどう思われますか?

一人で子どもを育てていると、だんなさんより奥さんがほしい気持ちになったりもするから(笑)、「ああ、こんな人がいたらいいな」とは思っちゃいましたね。そうは言っても、安兵衛さんが理想かと言うと、それはそれで難しい問題ですねえ……。ただ、現代ではなかなか見かけない誠実さが安兵衛さんにはありますし、約束をきちんと守るなどのベーシックな男気が見える人はステキだなと思います。

Q:では最後に、ご覧になられる方にメッセージをお願いします!

イメージしにくい作品だと思うので、まずは観ていただきたいです。『ちょんまげぷりん』というタイトルの空気感からは程遠いものも詰まっていますし、人の心が本当に丁寧に描かれている誠実な映画です。錦戸さんのファンの方はもちろん、わたしと同じ働く女性や子どもを育てている女性にも観ていただきたいですね。世代や自分が置かれている状況によって、いろいろな見方のできる映画ですから。

コハカスガイ?! フリーランスは個人事業主になり、法人に準ずる存在として独立的な権利と義務を持ちます。 社員時代よりも自分自身の責任が重い分、報酬は高い傾向にあります。 フリーランスのエンジニア向けの求人情報サイト、PL/SQLの案件探しはギャザニアでどうぞ!

小説「ちょんまげぷりん2」ストーリー

「ちょんまげぷりん(2)」あらすじ

木島安兵衛が江戸に帰って八年が過ぎ、遊佐友也は十四才になっていた。コンビニエンス・ストアで万引きをした後、家に帰らず逃げ続けていた友也だったが、深夜、巨大な水たまり状の穴の中に吸い込まれ、百八十年前の江戸時代にタイム・スリップしてしまう。ちょうど、この世界では、安兵衛が菓子屋を営んでいるはず――。そう思って、安兵衛を探し続ける友也だったが、菓子屋「時翔庵」はつぶれており、安兵衛もなぜか消息を絶っていた。失意の底にいる友也だったが、追い打ちをかけるように周囲の人民から、くせ者として追われる身となるが――。これ出たばっかりなんですね。これから読む人もいると思うのであんまり詳しくは書きませんが荒唐無稽(笑)度合いが面白くてこれもまた読後感がいいです。あの可愛かった友也が・・・!万引きしてしまうところからお話が始まります。安兵衛と別れたのは八年前・・・友也になにがあったのか?剣道もやめ塾もサボリあげくの果てに万引き・・・家にも帰れずさまよう 友也の前に以前安兵衛を現代に導いた巨大な水たまりのようなものが・・・この先の友也の冒険は

「よくぞ殺されないで済んだものだわ・・・」と思うくらいなもので現代へ来た安兵衛よりもすごい体験をします。確かに、同じ日本人とは言え、180年違うと日本人には見えないでしょうね。(友也は髪の毛を染めていたんで特に)持っていた時計も携帯も英語の教科書も理解の範疇を超えています。しかし・・・大河ドラマに出てくる人に会いまくりです(笑)友也のおかげであの人はあの当時に「グローバルな視点」がもてたのね・・・って!?安兵衛は真面目な性格がゆえに?実はあまり人を疑わない性格がゆえに?事件に巻き込まれ牢に入れられひどい仕置きを受けていました。でも、先にも書いた「行きぬく」ことをあきらめない安兵衛はどんな責め苦にも耐え正気を保ち牢の中の人から尊敬を集めるくらいになっていました。ふたたび2人が出会うのがこの牢の中とは・・・その他にもハラハラドキドキ「ウッソー」のような出来事が怒涛のように友也に襲い掛かってきます。

ちょんまげ好きにも!